「問題解決」「目標達成」「トランジション」まで人生に変化をもたらす黒岩式コーチング。クライアント1300名以上の実績と、米国CTI認定資格に裏づけられた実力。

コーチング・カードシリーズ

a:3283 t:1 y:0

人生をひらく60の問い

iamCARD

対 象20歳~
商品名iamCARD
構 成カード60枚・取扱説明書1枚
カードサイズ89mm×58mm
価 格5,400円(税込)
開発者黒岩直貴(プロフェッショナルコーチングオフィス・エンパワー代表)
著作権同上
販売・専売株式会社彩楽館
発売日2010年11月26日

コーチング・カードシリーズのご紹介

セルフコーチングカードシリーズ第1弾iamCARD

黒岩直貴が、1000名以上のクライアントの自己実現をサポートしてきた経験から開発したカードになります。クライアントの人生が劇的に変化していった問いかけを厳選し、3年かけて得た叡智の集大成です。そこには、「ビジョン」「使命」「統合」などのあなたの人生に意義や喜びをもたらすための問いかけが届きます。その問いかけから自分自身の心の奥深くにある願いや愛、叫びなどを感じることでしょう。

コーチ・コンサルタント・心理学者など多くのプロフェッショナルが
取り入れ、クライアントさんに期待以上の成果をだしています。

また、iamCARDで行うコーチングでは、あなたに本来の自分と出会う体験を与えてくれます。無意識で気が付かなかったこと、避けては通ることのできない真のテーマ、恋愛のこと、未来への希望や夢の実現など、カードの問いかけがあなたに本来の自分を呼び覚ますインパクトとなるでしょう。

どなたでもiamCARDを楽しむことができます。たくさんの皆様に必要な問いかけを届けてください。



  • iamCARDの最も簡単な使い方
      • ステップ1
        こころの中でテーマにしたい事柄(仕事、恋愛、夢の実現など)を想いながら、60枚のカードを十分にシャッフルします。
        画像の説明
      • ステップ2
        カードを左手で1枚引きます。
        画像の説明
      • ステップ3
        その問いかけの答えから、事柄(仕事、恋愛、夢の実現など)について考えます。
        画像の説明
  • 直感と必然性
    • 潜在意識が引いた問いかけは、偶然ではなく意味があり、核心をついてくれます。話したいテーマに沿った問いかけもあれば、テーマとは違うと感じられる問いかけを引くこともあります。

  • 占いやタロットカードとの相違
    • 必然性というところでは、タロットカードと同じです。
      しかし、答えを得ることについては明確に違います。タロットカードの場合は、カードそのものに意味があり答えがあります。その意味と答えを理解しないといけません。
      例えば、愛と言うメッセージのカードを引いたとしたら、愛とは自分のあるがままを受け入れること。と言う答えを得ます。
      しかし、iamカードには、あなたにとって愛とは何ですか?と言う問いかけになっているので、愛の答えを自分の中に探しに行くことが決定的に違います。
      答えを依存的に得るのではなく、主体的に得るため、自分で得た答えに深く納得できるため、変化のスピードが劇的に違います。

  • 答えは成長と共に変わり続ける
    • 問いかけのねらいは、正解を探すことでも答えを1つに絞り込むためではありません。
      例えば、このような経験は誰もがしているのではないでしょうか。お気に入りの本があって、数年ぶりにその本を読んでみると、初めて読んだと時には感じられなかった気づきや発見がある。そして、読めば読むほど、どんどんこの本のメッセージを受け取れるようになる。
      ですから、問いかけの内容はすぐに答えられるものではなく、さまざまな経験を通して熟考して初めて、見出せるようになっています。
      選択肢は少ないより多いほうが人生はより豊かになります。選択肢を広げ、自分にとって人生に喜びと意義をもたらすその時の答えを大事にされてください。

  • 人生を拓く60の問いかけ
    • 問いかけは全部で60種類あり、人生に喜びと意義をもたらす3つのテーマで構成されています。

      • ビジョンを描く
      • 使命を生きる
      • 矛盾を統合する

      どのテーマが今の自分に必要なのかは、潜在意識が教えてくれることでしょう。


無料体験WEB版 iamCARD



iamCARDについてよくある質問

  • Q.1日に引く回数は決まっていますか
    • A.特に決まりはありません。引く回数は、自分自身で試してみて自分に合った活用法を生み出してほしいのです。これだけは、押えておいていただきたいのは、問いかけと共にいる時間を大事にすること。あなたに届いた問いかけには、意味があります。ですから、その意味と向かい合うのに時間をかけてみてください。それを大事にされると、おのずと回数が見えてくることでしょう。

  • Q.どのようなタイミングで引いたらいいのですか
    • A.これも特に決まりはありません。どんな時に引いてみたいのか?どのような状態の時に引くと効果がありそうか?そうやって、タイミングも試してみて実践から学ぶこともねらいの一つです。
      仕事を始める前に引く人もいれば。朝、起きて今日一日に対して引く人もいますし、何かを行動しようとして躊躇した時に引く人もいます。

  • Q.引いた問いかけが、全くピンとこないのですが
    • A.ピンとこないというのもインパクトの一つですので、大事にされてください。先ず始めに、ピンと来る時についてお伝えします。ピンと来る時と言うのは、カードを引くよりも前、つまり過去にあった出来事の経験につながるからです。日頃から意識していたことに対してであり、その問いかけがはまる出来事の経験をしているからに他なりません。
      では、ピンとこない理由はなんでしょうか?それは、これから起きる未来への出来事の経験に対して届いた問いかけだからです。ですから、ピンとこないインパクトを大事にしながら、これから未来に起きる出来事や経験に対して、問いかけを重ね合わせて見ると答えが発見できます。これは、潜在意識には時間軸が存在しないため、顕在意識にアウトプットされる現象(インパクト)なのです。

  • Q.どうしてネガティブな問いかけがあるのですか
    • A.ネガティブを排除してポジティブになろうとしても、エセポジティブになってしまうからです。スポーツに例えてみましょう。試合に負けると悔しい思いをします。「よくがんばったじゃないか!」「元気出せよ!」と励ましが効果的な時もあれば、この悔しさをしっかりと味わって思いっきり泣くことで、本当の意味での意欲が湧いてくる場合があります。この悔しさが、次は必ず勝つというコミットメントにつながるのです。
      これは、何もスポーツに限ったことではありません。あなたが心から望む願望を実現するプロセスにおいて必要な経験でもあるのです。もし、あなたにとってネガティブだというインパクトのある問いかけを引いたのなら、『今その経験が必要だというサイン』と捉えてみましょう。

  • Q.答えが見つからないと、いつまでもモヤモヤしたままなのですが
    • A.私たちは、制限時間内に一つの答えや正しい答えを導き出すことに慣らされてきました。ですから、セルフコーチングカードのような問いかけに対しては、一つの答えを見つけようとすることや、すぐに答えを発見してスっきりすることは、無駄な抵抗にすぎません。モヤモヤというのは、インパクトの一つですから、その『もやもやと共にいることがあなたの人生において必要な経験である』という前提を大事にしています。

  • Q.問いかけへの取り組みの終わりはどうすればいいですか
    • A.終わりはあってないようなものなのです。なぜなら、あなたは日々いろいろな経験を積んでたくさんの学びを得て成長しています。ですから、成長してくると問いかけの答えがより深まってくるからです。
      終わりがあるとしたら、問いかけの答えを複数感じる中で、直感的にしっくりくる答えがあった時に、終了ではなく修了となることでしょう。そして、またあらたな経験を積んでいくと、同じ問いかけを深めるスタートラインがやってくることでしょう。そういう意味で、終わりはあってないのです。

iamCRADの魅力を1人でも多くの方に知っていただくために

iamCRAD体験会について

ご注文はこちらから

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional